投稿

『コティングリー妖精事件と神智学者ガードナー』展の感想

イメージ
心霊手帖2に掲載するつもりだったコラムです。
オカばたでも話した内容なので特別に何かが違うということはありません。
公開しといてもいいかなあ? と思いましたので、こちらに。

👇

 名古屋大学で開催されていた『コティングリー妖精事件と神智学者ガードナー』展へ行ってきました。宇都宮にある「うつのみや妖精ミュージアム」からお借りしている写真の展示だということで興味津津です。
 スピリチュアルに興味のある人ならたいていは知っているのではないかと思われるこの事件ですが、簡単に説明しますと、いたいけな美少女におっさんが騙された、というような事件ですかね。とはいえ、どちらの気持ちもわからないでもないんですけど、そこはそれ。大人の事情、察しましょう。
 ともかく、私が初めてこの妖精写真を知ったのは、たぶん『ムー』だと思います。『ムー』もまあ説明するまでもありませんが、オカルト雑誌としては現在の日本ではただひとつ発行されている有名なものですよね。知らない人は正直に手を上げなさい。先生怒らないから。
 そんなわけで、初めてこの写真を見た時の正直な感想は「あの妖精はイラストを切り抜いて一緒に撮っただけやんけ」でした。当時漫画を描いていたので、絵の資料として色々な本を持っていました。その中に花の妖精というシリーズの絵本みたいなものが三冊ありまして、今にして思うと多分有名な妖精画家シシリー・メアリー・バーカーの本だったと思うのですよね。
 いずれにしてもそれを本物の妖精とは思わなかったので、合成以前の問題だな、とその時は思ったものです。それにしても子供なのにカメラ持ってるとか、本のイラストなどを切り抜くとか、きっと裕福な家庭の娘さんなんだろうなあ、くらいに思ったものです。
 現代の技術から考えるともっとリアルにできるよと言えなくもないので、そんな知識を持って見てしまうとまた稚拙なわけなんですが、まあ美少女ですよ。こんなキレイな娘さんから「妖精と一緒に撮影したの」とか言われて見せられたら、大人力発揮して「あらそうステキねえ」で終わってしまう案件です。
 それが広まっちゃってまあ大変! というようなお話ですので、事件はネットで調べるとあっちこっちで詳細が出てきます。気になる方はそちらをどうぞ。
 で、私が今回初めて現物を見て感じたことは、「ちっちゃ」です。そらダウントン・アビーの手紙も「なんで…

Windows10でスリープから戻るとウィンドウのサイズが小さくなって左上に移動してしまう

イメージ
自分用メモとして残しておく。
タイトル通り、スリープから戻るとウィンドウが小さくなって左上に移動してしまうので困っていた。
対処法を検索するとレジストリいじれと書いてある。
確認してみると正しい画面サイズになっているので直しようがない。
一瞬あきらめてみたがアナログの手法がある、とのこと。
ディスプレイのコードの二本差し。
…大人だからあっちの方面しか想像できない。
というわけでディスプレイの端子を二本繋げてみた(これデスクトップじゃないと採用できない手法だよねえ)。
一応認識はされているようだ(ディスプレイを二つ使用している時の表示が出てた)。
けど確認は来週以降じゃないとできないのであった。
さて、結果は?
覚えていたらまた更新するよ。

休養、引退

5年前に脳梗塞になりかかり、その当時からかなりおかしいと思っていたのですがここへきて一気におかしさが増してきました。高次脳機能障害というやつらしいです。現在検査中。
仕事にも支障をきたしておりまして、かなり苦労しております。
まず自分の面倒をみるのが辛い。
そんなようなわけで、同人誌活動もネット活動も引退します。
けどまあ今までどおりTwitterでブツブツ言ったり、こうしてブログを書いたりはしますのでそこまで変わることはないと思います。
心霊手帖2の原稿はすでに完成しているので、何処かに公開することはできますが、どの程度できるのかが不明です。とにかく日常生活以外のことが思った以上に負担になるので困っております。
とはいえ適当にやっていきますのでこれからもご贔屓に。

文フリ26と心霊手帖2について

次回文学フリマ26についてのお知らせです。
心霊手帖第2号は諸事情により落ちました。まあ同人誌にはよくある話です。
そのため文学フリマ26での売り物がありませんので、今回はペンパルさんに参加をお願いいたしました。
折よくUFO手帖2.1も出ることですので、当日のしまゆー文庫スペースにはUFO手帖2.1が並んでいることと思います。
そういうわけでぜひともUFO手帖2.1をよろしくお願いいたします。
ちなみに何処がアップデートしてるのかはペンパルさんにお問い合わせください。
今後の心霊手帖ですが、予定が立てられない状況のため無期限休養いたします。
というか、原稿が集まり次第電子書籍で発行という手もありますので、紙の本は無期限休止、かな。
皆様にはご迷惑をおかけしますが上記何卒よろしくお願い申し上げます。

youtubeを複数人で管理する方法

個人的忘備録。

googleアカウント作る。
youtubeチャンネル作る。
google+始める。
google+ページ作る。
ページがブランドアカウントになる。
youtubeチャンネルをブランドアカウントに移行する。
管理人の追加ができるようになる。

以上。
これがわかるまでにどんだけヘルプ読んだかわからんわ!
まず順番を示してくれよほんとにもー。

オカルトいどばた議会: 【重要】重要なおしらせ【重要】

そういうわけなのでこちらでも一応お知らせしときます。
私の個人アカウントで作成しておりましたブログなので、公式にオカばたを独立させることにしました。つまりブログをやるならオカばたアカウントでやんないとオカばたのブログって認めてくんないんだよね、youtubeがさ。
元々はアーカイブの保存用ブログだったんだけど、結果として今は全部youtubeに上げてるし、ブログの必要性はあるのか?つったらない!ってなったので、少しでも管理を楽にするために閉鎖することにしました。ごめんねだけど、BBAの負荷を減らしてください。お願い。このままではゆにのライフはゼロよ!
んでオカばたアカウントでブログを作るのか?っつーと作りません。代わりにgoogle+のアカウントを作りました。そうするとyoutubeにUPしたら自動でgoogle+にも流れてきます。便利。超便利。
ほかにもイベントやオフ会やるときはgoogle+でお知らせしますので、google+さえフォローしとけばお知らせは全部届きます。ほんとです。いたこさんのgoogle+をフォローしてればわかると思うけど、あんな感じです。ライブ配信のお知らせも届きます。
それから、長年お世話になってきましたmixiコミュも閉鎖します。これはmixi自体かなり利用稼働率が低くなったことと、出演者がほとんどtwitterにいるので、問い合わせなんかもtwitterで来ることが多くなったからです。お知らせなんかも今はほとんどtwitterです。
これもBBAゆにのライフ温存のために、申し訳ないですがご理解とご協力をお願いいたします。
最後にポッドキャストですが、こちらは最新の音声データのみの公開とします。ある程度周知できたと思いますので、音声だけでお楽しみいただけるコンテンツとしてこれからもご愛顧よろしくお願いいたします。
まああれよ、ポッドキャストのブログはデータ容量に制限があるから、あんまりたくさんUPできないんですよ。
ということで、今後はyoutube、google+、ポッドキャストでよろしくお願いいたします。

オカルトいどばた議会: 【重要】重要なおしらせ【重要】: リスナーのみなさまには毎度おせわになっております。 『オカルトいどばた議会』 web サイト管理担当の島村ゆにでございます。 このたびはみなさまに重要なおしらせがござ…

『心霊手帖』中野ブロードウェイ、タコシェで販売開始!文学フリマ京都にも参加しますよ!

イメージ
mixiページやらFacebookページやらを更新しても、肝心のブログを更新するのを忘れております。すいません。
というわけで先に情報を。

東京中野にあります中野ブロードウェイの3階、タコシェさんで『心霊手帖』を置いていただいております。委託販売ですので、イベントなどでの販売価格とは異なります。
詳細はタコシェさんでお確かめください。
しかし、タコシェさんといえばサブカルの有名店ですよ。ビビりますね。
吉田会長んとこの『怪処』や、私も参加しております、ペンパルさんとこの『UFO手帖』も置いてありますよ。ご一緒に『心霊手帖』もどうぞよろしく。

続きまして、来年1月21日(日)に開催されます、文学フリマ京都に参加いたします。
スペースは、こー12。少部数ですが増刷しました『心霊手帖』と、あとこちらも少しですが『UFO手帖2.0』を委託販売いたします。
雪が心配される時期ですが、会場にはたいやき屋さんやカレー屋さんも出店されるそうで、今から楽しみで仕方ありません。

というわけで、重要な情報は以上です。
以下余談。

まあmixiが廃れてるのは仕方ないにしても、ページ作ってもしょうがないくらいに誰も見てませんw カウンターが回らないw
じゃあFacebookページなら凄いのか? というと、こっちはもっと誰も見に来てくれませんw 更に鬱陶しいことに1日に何度も「この投稿を広告にしましょう」通知が来ます。
まあね、わからんでもないけどね、限度ってもんがあるでしょう(#^ω^)ビキビキ ってなりますわなw
けどこの「広告出しましょ?」通知が結構細かいリーチ出してくるっつーか、そうか、そこまでするなら…でもお高いんでしょ? とか思うと案外リーズナブルだけど、うち商売じゃないし、そんだけ支払っても製品代金の何倍もかかるわけで、ってなるような感じでもにょりますわな。
とはいえ、これが本気のお仕事なら、もう全然広告としてはリーズナブルだし、直接お客さんにリーチできるってことを考えたら、そらあんた、使わない手はないわな。
…ってなりますね。
結構凄いことやってたんだな、ふぇーすぶっくわ、ってなりました。

またひとつ、ネットの伝説を知ったBBAであった…。つづく…。みたいな…。