投稿

昭和時代からスピリチュアル業界にいるものとしての所感あれこれ

昨夜のスペースでスピリチュアル界隈に長年いる方と話していましたが、 20年くらい前までのスピリチュアル: 癒し、精神の充足、真理の追求 今のスピリチュアル: 60億円振り込まれろ!ビジネス成功しろ!トランプ氏は救世主! こんな感じ — ちびまる a.k.a 大仏, 雨宮純 (@caffelover) June 5, 2021 上記のような人との個人的な感覚が全く違うので、これは是非にも書き残しておくべきかと思い我慢できなくなりました。 私は確かに現在はほぼつきあいがなくなったとはいえ、昭和の時代からニューエイジ→スピリチュアルへの変換もリアルで体験してきているので、ほんと、そんな純情派ばっかりだったとはとても言えません。これは批判ではなく、確実に個人がいた場所の違いだと思います。 そういう意味で言えば純粋に癒やしや精神の充足、心理の追求をしていた人達は少数で、また翻って確実に金儲けだけを目指していた人々もまた少数でした。一番多いのは、自分が気持ち良いところだけを利用して、あとは知らん、という人達です。これはどこの業界でもそうだと思います。 なので20年くらい前までのスピリチュアルは純粋だったのかといえば、全く違うとしか、私からは見えませんでした。そもそもその頃になると、E氏がテレビでスピリチュアルという単語を広め始めていて、純粋なスピリチュアリストの人達は、E氏のいうスピリチュアルと、自分たちが探求しているスピリチュアルは違うものではないのか?という議論も始まっていた頃でした。 E氏が英国スピリチュアリスト協会の会員であるとか言いふらしていたせいもあって、日本語での情報しか追ってない一般人スピリチュアリストたちが迷っていた感がありました。 そんでもって確かK氏の翻訳が悪いとか、ネット上でも言い争いがあって、本家のスピリチュアリズムの人達同士の間でも揉め事があったりして、どんなに崇高な精神性を求めていても人間など所詮このようなもの、というような上からバードウォッチングしていた私ですら、このE氏の言動は金儲けにしか見えなかったのですが、果たしてこれが崇高な精神性からの行動だったのでしょうか? もうわけわかりません、とこまでいきましたよ。 ニューエイジでも、こっちは金儲けもありましたけどV社が一人勝ちみたいなとこがあったので誰も何も言わなかったかもだけど、どっちかという

島村ゆにが自己紹介するだけで心霊業界の裏側がわかる本

  島村ゆにが自己紹介するだけで心霊業界の裏側がわかる本 しまゆー文庫の新刊です。 タイトルまんまの内容です。 このブログでも過去に書いたことがある部分と重複する内容もあるかと思いますが、それから10年近く経過していますので、新たにまとめなおしたというか、そんなような内容です。 それでもあんまりスピリチュアルには寄らないで、なるべく心霊に寄ったつもりです。 紹介文↓ 筆者が体験をもとに、長年調べている心霊についての研究レポートです。 霊感とは何か?心霊とは何か?そして苦労の果に霊能者になるのが正解なのか? 既存の心霊業界に疑問をぶつけ続けた半生記。今あるすべてが正解ではない。自分なりの精神世界を築き上げることこそが心霊ではないのか? 常に疑問をもち、探し続けた答えは見つかるのか? まだまだ現在進行系。探求の旅は続く。 ePubファイルです。    BOOTHの紹介文にも書いてありますが、電子書籍のデータ形式ePUBでのダウンロード販売です。どうぞよろしくお願いいたします。なお、誤字脱字、表示の不具合などがありましたらご連絡いただけますと幸いです。 以下余談。 今回はすべてGoogleドキュメントで作成してみました。 画像の加工は別のソフトですが。 購入された方それぞれが違うアプリでご覧になると思いますが、こちらもそれなりに対応して確認をしております。 とはいえ個人での作業ですので、どこかで不具合が出るかとも思います。 そういうときは是非ご連絡をください。 現在できることを努力しておりますが、さすがに寄る年波と脳が壊れた関係上致し方ない部分もございます。 指摘いただかないと対処のしようもありませんので、何卒ご指導ご鞭撻のほど。 あと、Twitterや三二〇ボードもとても使いやすくて便利なんですけど、今のところネット上での活動を公にしているところで一番古いのはこのブログなので、今後はもうちょっと色々と更新していくべきではないかなと反省している次第。 つってもきっとまた楽な方に流れるんだろうけども。 ま、マイペースでやってないと続きませんのでね。 

適材適所とは

これ を観に行ってきました。 てゆーか、ちょっと観ない間にまたUIめちゃくちゃ変わっとるやないか。使いにくい。 えー、上のイベントの感想は、おもしろかったです。前回の抗日ドラマもめっちゃおもろかったけど。 で、まあそのネタの中にインターネットミームみたいな話も盛り込まれていて、非常に現代的だなあ、というか、そもそもネットがないと文化あらしまへんがな、みたいな話なのかね?ってゆー。 2000年代のネットアイドルの話がね、ちらっと出てきてまして。 当時はまだ掲示板文化だったから、ネットアイドルでもせいぜいホムペ持ってるくらいだったか、よくあって自己紹介サイト?みたいなのじゃなかったかなあ。 ブログが出てくるのは2002年とかじゃなかったっけ?まあそんなおぼろげな記憶。 自分のホムペにどれくらいのアクセスがあるか、程度が人気のバロメーターみたいなところがあったと思います。アクセス解析なんてCGIいじれないと見れないよ、みたいな。 そこ! (どこ?) 今でこそ炎上が人気のバロメーターになるところがあるじゃないですか。けど当時は炎上しようにも、はたから見て炎上…いや違うな、祭りになってるとわかるのは掲示板しかなかったんですよね。 現在は当人のアカウントが炎上するから当人のアカウントを見に行けばだいたいわかるけど、その場所が、当時は当人のホムペじゃなくて、当該の別の掲示板だったり、まあ最小限当人がわかる範囲で言えば、当人のホムペの掲示板くらい。 よその掲示板なんて検索精度も今ほどじゃない時代には、エゴサしたってつきあたらないことが多々あった。そもそもヲチ掲示板は隠語だらけでエゴサしたってひっかかりゃしねーし。 そんなわけなので、まだ自分のホムペだけを見ているぶんには、さして心折れることもなく、アクセスカウンターは回り続けて大人気(勘違いなんだけど)だし、自分はすごいんだ、っていう井の中の蛙でいられたわけですよ。 おかげでアイドルは元気に踊ってくれるわけで、当時のヲチャは踊り子さんには手を触れないのが大原則だった。人によっては鳥さんと呼んでいたけど。 つい最近も、近頃の若人は勝負どころがいきなり世界だから、井の中の蛙でいられる時期がなく、成長できない、みたいな話もみかけましたが、そうだよな、って、そのことを思い出したりした。 当時はね、そうやってね、踊り子さんには手を触れないよう

『突撃!心霊相談室』のyoutubeチャンネルを作りました

時々 ツイキャス をやっていましたが、正式に番組として配信していこうと思います。 以前突発でやった企画みたいなのを チャンネル としました。 ツイキャスの部分をクリックすると、私のツイキャスのページに飛びます。 チャンネルの部分をクリックすると、『突撃!心霊相談室』のyoutubeチャンネルに飛びます。 youtubeでもライブ配信をできるようにはしてありますが、ツイキャスのほうが楽ではあるので、ツイキャスで30分やって、その録画をyoutubeへUPしようかな~、と思っています。尚youtubeはチャンネルごと年齢制限をかけております。 基本毎週木曜日にライブ配信を予定しております。変更、お休みなどもあると思いますが、都度twitterでお知らせしていきます。 私のtwitterへは左カラム(スマホで見ている場合は左上の「三」みたいなやつをタップするとでてきます)からリンクしています。 あと、お知らせですが、左のカラムに表示させていたメールフォームから、スパムが来るようになりましたので、当面非表示とさせていただきます。 googleフォームを表示させてもいいのですが、基本的に見るのを忘れるため(大変申し訳ありません)、ご連絡やお問い合わせを希望される場合はtwitterなどの常駐(たぶんw)ツールでお声がけいただけますと幸いです。 その場合はメールアドレスをお知らせいたします。 以上、よろしくお願いいたします。

『宇宙人とおともだちになりたい』のデータ販売を開始しました

イメージ
あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 『宇宙人とおともだちになりたい』のPDFデータ販売を開始いたしました。 BOOTH よりお求めいただけます。 なお、引き続き紙の冊子をお求めの場合は、私に直接ご用命いただけましたらと思っています。 また、5月6日に行われます、 精神世界系イベント でもお求めいただけます。 イベントへは Spファイル友の会 さんと合同で出展いたします。 こちらもぜひよろしくお願いいたします。 データ販売についてはどのような形にするのかさっぱり理解できませんでしたので、とりあえずPDFという形式にしております。今後ePUBなどのデータにする可能性もないではありませんが、早々そこまでおっつかないと思いますので、多分このままいくのかな?と。 昨今はほとんどの人がスマホで見ているそうなので、PDF形式なのは喜ばれる、というような話もあります。なので、まあ、それでいいか、とも。 データについては本人も現在の環境(PC、スマホ)で確認はしておりますが、何かしらの不具合がありましたらご連絡くださいませ。できる範囲で対応いたします。 そんなような感じで、今年も何卒ご贔屓にしていただきますと幸いです。 2020/1/8追記 馬場さんが内容について少し書いてくれてます ブログ記事 。 こちらを参考にされたら多少はご理解いただけるかもしれません。

コーヒー無しで生きられない

生家が喫茶店だったので、小学生の時から飲んでいる。 父が淹れるのはネルドリップ、母が淹れるのはサイフォンだった。 はじめはサイフォンが好きだったが、洗うのが面倒という理由で紙フィルターでのドリップを教えてもらい、高校生くらいからは自分で淹れるようになった。 その頃になると店はたたんでしまったので、自宅でせっせとハンドドリップしていた。 コーヒー豆は特売のでかい缶詰のものを買っていた。挽いたやつで500gくらい入ってる。 計量スプーンは1杯10g。それが一人分。 何年かしたらコーヒーメーカーを購入した。とはいっても、水入れて、コーヒー豆計って、紙フィルターセットして、ハンドドリップとたいして手間は変わらない。結局ハンドドリップに戻る。 一人暮らしをするようになりコーヒー豆の消費量が減った。500gも購入すると最後には気が抜けてカッサカサの味になる。その味にうんざりするようになった頃、1杯分ずつドリップできるパックが売っていることに気づいた。 中に入っているコーヒー豆は、当然10gだと、ずっと思っていた。この数ヶ月前まで、20年くらい、ずっと。 ドリップバッグのコーヒーが何種類か入ったバラエティパックというのをよく選んで買うことが多い。それで味の違いを愉しもうと思って買うのだが、先月買ったパックが、何を飲んでも同じような感じで、これといって違いがわからなかった。 やっぱ歳を取ると味の違いがわからなくなるものなのだな、と、少しさびしく感じたりしたのだが、パックの裏の説明書きを、そんなことを思いながらじっくりと読んでみた。 ??? 内容量 7g~12g ??? 各種類の全部を引き出しそれぞれの個包装の説明書きを読むと、なかなかこれがまさにそのとおりで、ここに来てようやく気づいた。あ、そうか! 種類によって内容量が違うのか。 で、1杯分の水の量である。これはたいてい決まっていて、140ccだ。 コーヒーカップのサイズももともとはだいたいこれに合わせてある。 (こないだ朝ドラでコーヒーカップ作ってるの見て思い出した。そうそうそうだよ、内容量で発注かけてたわ。まあ私の時代じゃすでに大量生産だったから決まった型があったんだけど) 7gの豆に140ccと12gの豆に140ccじゃ味も違おうものだろうが、これがね、おもしろいもんで、豆によっ

しまゆー文庫新刊『宇宙人とおともだちになりたい』

イメージ
『宇宙人とおともだちになりたい』 A5版16頁1部200円 『UFO手帖』に寄稿した漫画3作品と、漫画を解説した書き下ろしの文章で構成されています。 私に直接会う予定のある方で本が欲しい場合はお声がけください。 それ以外の方には、 11月24日(日)文学フリマ東京 の Spファイル友の会 にて置いていただける予定ですので、そちらでお求めいただけましたら幸いです。 (2019年10月28日13:42追記■諸事情により文学フリマには行けなくなりました。ご了承ください。代わりと言ってはなんですが、11月5日に行われます「キミもVtuberになろう!」では『宇宙人とおともだちになりたい』を販売します。) また、来年 2020年5月6日(水祝)まんだらけありある にて、Spファイル友の会としまゆー文庫合同でスペースをとっております。そちらでお求めいただけましたら幸いです。 そして上記2つのイベントに合わせて『心霊手帖』も増刷いたします。 前回はカラー表紙でしたが、今回はモノクロ表紙になります。(節約のためw) 内容に変更はありませんので、アナザーブックとかゆってアレしないように願いますw 電子版は今まで通り販売しておりますので、ぜひどうぞ。 案内頁 電子版といえば、『宇宙人とおともだちになりたい』の電子版はPDFになってしまうので、たぶん非常に見づらい気がするんですけども、希望があればBOOK☆WALKERにでもUPしようかどうか、まだ考え中です。 以上、よろしくお願いいたします。